トップ>>採用情報>>先輩社員紹介

伊予スワインガーデン紹介ページ

先輩社員紹介

先輩のコメントをチェック

松本 遥希 Matsumoto Haruki<平成21年入社>事業管理部 管理課

先輩社員4

■経験を活かして仕事に取り組む
入社後3年間 水島工場で勤務し、製造、業務の仕事に携わりました。製造部では中央制御室で配合業務を担当し、業務部に異動後は製造計画作成、製品の受け渡し業務を担当しました。
両部署での経験から、今も意識して取り組んでいることは「情報共有」を図ることです。各担当者や他部署の状況も理解していなければ、生産性向上を意識した工場運営は難しくなります。情報共有を図ることは、連携して効率良く仕事をする上で、大切な事だと実感しました。
現在は、本社 管理部 企画管理課に所属しています。企画管理課の担当業務は、会社全体を総括する部署として、会社の経営管理・決算業務、取締役会・株主総会対応、人事労務管理、規定規則の制定・改定等、幅広い内容です。
会社全体のサポート役として仕事をすることが多く、他部署の仕事内容を把握し、相手の立場になって物事を考えることも必要となってきます。工場での経験を活かし、情報共有を大切にして仕事に取り組んでいます。
■幅広い知識を身につける
現在は企画管理課で、給与計算、社会保険・労働保険の手続きをメインに担当しています。全社員に関わる業務であり、社員の仕事面だけでなく、生活面にも関わる業務です。そのため適正かつ正確な処理が不可欠で、強い責任感を持つことが重要です。
お金に直結する業務が多いため、慎重な処理と確認作業を行なうことを基本ルールとして、日々業務を行なっています。仕事をする上で、会社の規定規則の理解だけでなく、法で定められた制度の理解、さらに法改正等の新しい情報にも対応する必要があるため、幅広い知識が要求されます。
まだ知識が浅いため、先輩に質問する場面が多いですが、今後も学ぶ姿勢を大切にして幅広い知識を身につけていきたいと思います。
■畜産業界への貢献
私の担当業務は、直接生産者の方と関わる機会はありません。しかし会社全体のサポート役として間接的に関わり、生産者、畜産業界への貢献に繋がっていると感じています。
社員にとってプラスになるサポートをすることで、内部環境が良くなり、会社全体のモチベーションが高まってくると思います。そうした仕組みを上手く作り出すために、積極的に発信、提案、改善を行なっています。自分に求められる役割を果たし、会社を支える立場から生産者、畜産業界へ貢献していきます。

他の先輩のコメントもチェック

  • 先輩社員1
  • 先輩社員2
  • 先輩社員4
  • 先輩社員5
ページの先頭へ