トップ>>安心・安全への取り組み>>設備紹介

伊予スワインガーデン紹介ページ

設備紹介

なぜ牛用飼料と鶏豚用飼料の分別管理を行うの?

飼料の品質・安全を確保するため、「養牛用」「養鶏・養豚」それぞれ分離した工場において、製造しています。

  • 粉砕機
    粉砕機
    ロール粉砕機・ハンマー粉砕機などがあり、用途に合わせて、とうもろこし等の原料を粉砕する設備です。
  • 中央操作室
    中央操作室
    ファクトリーオートメーションにより、原料搬入、製品配合、搬送、出荷まで工場の製造工程を集中管理しています。
  • 圧ペン設備
    圧ペン設備
    とうもろこし・大麦等の原料に蒸気を加えロールで押しつぶし、フレーク状に加工する設備です。
  • 紙袋包装機
    紙袋包装機
    製品を適正重量に量り、紙袋にパッキングする設備です。
  • ペレット設備
    ペレット設備
    配合された半製品に更に蒸気と圧力を加え、ペレット状(粒状)に加工する設備です。
  • パレタイザー
    パレタイザー
    紙袋包装機によりパッキングされた製品を、一定数量パレットに自動積み上げしていく設備です。
  • TB抜き設備
    TB抜き設備
    製品を適正重量に量り、トランスバッグに充填する設備です。
  • 牛用飼料専用車
    牛用飼料専用車
    製造搬送も、牛用飼料専用車を設定し、鶏・豚飼料と完全分離して搬送を行っています。
ページの先頭へ